タッピンねじを選ぶのが正しいです

Update:2016-08-04

木製のネジについて最初に留意すべきことは、セルフタッピングネジと通常の木ネジを手に入れることです。セルフタッピングねじは、一般に取り付けが簡単で、手間がかかりません。あなたがする必要があるのは、フィリップスまたはフラットヘッドスクリュードライバーのいずれかを使用して、あなたがしたいと思う場所にネジのポイントを置き、ネジ止めを始めることだけです。ねじ回しを回すと、ねじが木材に切断され、それ自体のための穴が作られます。訓練は必要ありませんその後、定期的な木ネジがあります。これにはドリルが必要です。あなたは、あなたが使用しようとしているネジのための適切なサイズである木材に穴を開け、ネジを入れたいと思っているすべての場所をマークする必要があります。それからあなたは一緒に行く必要があり、正しい種類のスクリュードライバーを使用して、すべてのスクリューを所定の位置にねじ込みます。

最後にシャープかブラント?

当該取引は潜在的な法人所得税関連利益を除いて、2016年3月31日のEBITDAの末尾の約5.0倍で評価される。この取引は、慣習的な条件と規制当局による承認を受けています。スチール・ダイナミクスは、必要な規制上の承認をすべて取得し、2016年8月までに取引を完了することを予定しています。

いくつかのネジは鋭利なので、ネジでネジで木材を突き刺すことができます。ネジは、穴があいた金属との結合に使用されるため、鋭くありません。機械ネジは、すでに所定の位置にネジ穴がある場所で使用するように設計されているため、端が鈍いです。

ねじの正しい長さの選択

使用しているネジは、一緒に結合している2つの部分を完全に通過するのに十分な長さでなければなりません。機械ねじの場合、端部にナットを追加するのに十分な長さでなければなりません。ナットはネジが動かないようにします。また、スピードや振動の速い機械の場合には重要です。

動きが多くなればなるほど、ネジが緩んでしまう可能性が高くなります。用途によっては、スクリューに必要なサイズが表示されますが、必ずしもそうであるとは限りません。プロジェクトを開始する前に、必要と思われるサイズを知り、場合によってはいくつかのオプションを用意することが重要です。

スクリューの頭部のタイプ

ネジの頭部のタイプについて言及するとき、あなたが話している2つのことがあります。まず、ネジは表面に平らに置かれますか、それはちょっと上に張り付いていますか、それとも表面と完全に一致するようになっていますか?

あなたはまた、彼らが作られている材料の面で正しい種類のネジを得ることを確認する必要があります。いくつかの金属は他の金属よりも錆びにくく、木材に残っている樹液に反応するので木材で使用すると厄介な汚れが残ります。まず最初にいくつかの研究を行い、必要なものと使用するネジの種類を正確に把握してください。